プライバシーポリシー|小顔矯正・骨盤矯正の日本美容矯正士協会

プライバシーポリシー

1. 基本方針

日本美容矯正士協会 (NBTA)(以下「当協会」という)は、 正会員、賛助会員、特別会員の個人情報の重要性を認識し、個人情報保護に関し、以下の取組みを行っています。

2. 組織体制

当協会は個人情報保護の安全管理のため個人情報管理責任者を任命し、個人情報管理の一元化を図るとともに、個人情報の取扱に関する規定を策定しております。

3. 個人情報の取得

当協会が講習会、研修会などから個人情報を取得する場合は、取得の目的および利用範囲を明示したうえで 必要な範囲で個人情報を取得させていただきます。

4. 個人情報の利用

当協会が取得した個人情報を利用する際は、取得時点で明示いたしました目的および利用範囲を超えて利用することはありません。

5. 個人情報取得方法

当協会は講習会、研修会などに参加する受講者から個人情報を取得いたします。

6. 個人情報管理

当協会が収集した個人情報については、紛失・破壊・改ざん・不正アクセス・漏洩などの防止に努めます。

7. 個人情報の第三者への情報開示について

第25条 理事会は、本会の広報活動の統括機関として、広報部を設立する。

第26条 広報部は、本会内及び体外的な広報活動を遂行する。

第27条 広報部長及び広報副部長は、広報部員の互選により、過半数以上の同意をもって選任されるものとする。

第28条 広報部員の任期は1年とし、留任を妨げない。また部員を補充する際には、事前に理事会の過半数以上の同意を得ることとし、候補者については理事会の過半数以上の同意を得ることをもって広報部員と認定するものとする。

第8章 会計及び資産

第29条 理事会は、本会の経理業務の統括機関として、経理部を設立する。

第30条 経理部は、本会における経理業務を遂行する。

第31条 経理部長及び経理副部長は、経理部員の互選により、過半数以上の同意をもって選任されるものとする。

第32条 経理部員の任期は1年とし、留任を妨げない。また部員を補充する際には、事前に理事会の過半数以上の同意を得ることとし、候補者については理事会の過半数以上の同意を得ることをもって経理部員と認定するものとする。

第33条 本会の資産は次の通りとする。
1. 会費
2. 事業に伴う収入
3. 寄付金品
4. その他財産目録記載の財産等

第34条 本会の事業遂行に要する必要経費は、会費、寄付金、その他の収入をもって支弁する。

第35条 本会の会計年度は毎年6月1日から5月31日までとする。

第36条 本会の収支決算は、毎年会計年度終了後、財産目録、貸借対照表、事業報告書及び会費の移動状況とともに、監事の意見をつけ、総会の承認を受けなければならない。本会の余剰金があるときは、理事会の議決に基づき、総会の承認を受けて、翌年度に繰り越すものとする。

第9章 会議

第37条 通常総会は、毎年1回、開催する。

第38条 理事会及び会員の定例会は、必要に応じて理事長がこれを召集し開催する。
1. 事業計画及び収支予算
2. 事業報告及び収支決算
3. その他、理事会で必要と認めたもの

第39条 総会は、会員の3分の1以上(委任状含む)の出席で成立し、議長は会員より選出する。

第10章 その他

第40条 施術サービス以外の美容矯正に関するサービス(例:スクール事業、セミナー、公演等)を提供する場合には、理事会の過半数以上の同意を得なければならないこととする。

第41条 本会則は、理事会の承認を得て改正することができる。

第42条 設立時の役員は、本会則第4章第10条の規定にかかわらず、別紙役員名簿の通りとする。